日照るところに影がうつるよ。

今日は暖かだったので、久し振りに家族四人揃って善福寺川沿いを歩きました。
ここのところ小学校イベントや、行晴の風邪やらで、あわただしくて、なんか普通の休日といった感じです。
写真のように、芝生に寝ころびました。
福島県には、このように、ここよりうんと自然が美しいにもかかわらず、寝ころべないところがある。
猥雑な、スノッブな、東京の何処かで、酒を飲んだりしていたって、ここじゃないところに美しい山里がある、
そう思えれば、良し、万事快調、これまでも世界のどっかでは、いつも問題が起きているのは確かなんだけどさ、、、
でもね、やっぱりね。
なにゆゑに こゝろかくは羞ぢらふ 姉らしき色 きみはありにし
いまぼくが持っているものは、すべて失ったものなのかなぁ?
明るい光も、大きな声も、まだここにはある。ありすぎる。居座っている。
明るすぎると見えないよ!大きすぎると何言ってるか分かんないよ!
調整しなきゃ、ちょうどのとこに合わせなきゃ、ツマミを。ビビビ~ンってね。
デジタルじゃないから、幸せって、アナログよ。そ、サチアナ。
悲しみと恥じらいと失ったものと忘れたものがキャッチできる場所。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー

    Excerpt: 日照るところに影がうつるよ。 スモールタウントーク(父のこそっと子育て噂話し)/ウェブリブログ Weblog: オークリー racked: 2013-07-05 18:16